読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゃけぶろ

やせいのポケモントレーナー。タイ・台湾・沖縄あたりを外こもり。国内外ライブレポ。チラ裏的ログ。

Perfume JPN Tour 静岡エコパアリーナ公演のライブレポ

音楽

フィリピンにいるときから気になっていたこのJPNツアー。なぜなら、このPerfumeのアルバム「JPN」の出来がすごくよかったからです。そろそろ1曲1曲のクオリティーも落ちてくるのではと危惧していたのですが、そんな心配は不要だったようで、プロデューサー兼コンポーザーの中田ヤスタカの凄さというものを改めて思い知らされるものでした。特に、「JPN」に収録されている「MY COLOR」という曲はアルバムのみに収録されている曲にも関わらず、かなりの良作で僕の好きなPerfumeの曲の中でもトップに上り詰めるレベルです。この「MY COLOR」がこのJPN Tourでどのような位置づけになるのかが僕の中で見どころの一つでもありました。

MY COLOR

MY COLOR

  • Perfume
  • エレクトロニック
  • ¥250
日本に帰国してから、とりあえず、ライブの日まで数日しかなくソールドアウトしてそうだったので、チケットをSNSで探し、譲ってくれる人を見つけて参戦しました。10年前だと皆がやっているSNSは存在しておらず、このような手法は取れないのでいい時代になりましたね。

僕の行った会場は静岡エコパアリーナというところです。最寄り駅は、東海道線愛野駅で、駅からやや離れたところにあります(1kmぐらい)。新幹線で来るなら掛川駅か浜松駅で下車してからですね。会場までは途中にコンビニがあるぐらいで、あとは森ばかりでアパートや会社の建物がちょこちょこある感じです。この会場はアリーナにしては、サイズがやや小さく、ステージ正面にあたるスタンド席が存在しておらず、上手サイドおよび下手サイドのスタンド席があるという構造です。



まったり会場までの上り坂を登りつつ、会場に着いたのは開演2時間前ぐらいでしょうか。物販でタオルを買いつつ、そのあたりの広場でPerfumeのフリをコピーしている方々がいてすごいなーと思ったり。10人ぐらいいたような。フリコピサークルがあるようで、関東からお越しのようでした。Perfumeそれぞれのメンバーのコスをしてる人も30人ぐらいはいたかな。なんかももクロ好きな人も多かったです。客層は、老若男女さまざまで、オジサン層もわりと多めでした。こんなにオジサンの多いライブは初めてでした。僕のようなロックファンから、オジサンのようなアイドルファン、テクノファン、リア充カップル、ふつうっぽい人などこれほどいろんな客層が混ざったライブはPerfumeならではかなと実感しました。




入場を済ませて、僕の席は西スタンドの3列でした。会場が狭めの会場なためアリーナに設置された花道も他の会場より横幅が狭かったらしく、距離的においしく、近く感じられました。

Perfumeと言えば、広島出身の3人ですが、僕が広島に住んでた時代だと最初は、広島の平和大通りで毎年行われるフラワーフェスティバル(2005年ごろのかな)というお祭りのタイムテーブルを見て、名前ぐらいしか知らなくて実際に見に行ったことはなかったのですが、ポリリズムで有名になり、全国区になってからニコ動いろいろ見ててハマった流れです。当時の僕は、彼女たちが東京で細々と活動してる頃の、売れなくて苦労しまくってる動画とかもだいたい見てたりしました。

本ツアーのセットリスト
01. The Opening
02. レーザービーム (Album-mix)
03. VOICE
04. エレクトロ・ワールド
05. ワンルーム・ディスコ
06. Have a Stroll
07. 時の針
08. 微かなカオリ
09. スパイス
10. GLITTER (Album-mix)
11. メドレー
 シークレットシークレット
 不自然なガール
 Take me Take me
 Baby cruising Love
 575
 I still love U
 love the world
 シークレットシークレット
12. ポリリズム
13. P.T.A.のコーナー
14. FAKE IT
15. ねぇ
16. ジェニーはご機嫌ななめ
17. チョコレイト・ディスコ
18. MY COLOR
〜encore〜
19. Dream Fighter
20. 心のスポーツ


セトリ見ただけでも、このライブすごかったなーと思いますね。GAME Tourあたりのと比較すると一目瞭然です。昔のライブもアレはアレでよかったですが、Perfumeの成長・進化が感じられました。最初は、JPNらしく「The Opening」から始まり、「時の針」まで飛ばしに飛ばすような曲順です。ライブで聴くと思ったより「Have a Stroll」イイ曲なんじゃないかと僕の中でこの曲の評価が上がりました。

Have a Stroll

Have a Stroll

  • Perfume
  • エレクトロニック
  • ¥250

そして、メドレーに入る前に、「GLITTER」を入れたのが絶妙です。この「GLITTER」のテンポに慣れさせておいて、次々に曲が変わるメドレーへつなげるという神っぷりです。「Take me Take me」などは、1曲丸々聴いてしまうと飽きるのでメドレーぐらいが丁度いいですね。「love the world」は1曲丸々やってくれてよかったのですが、大人の事情でしょう。時間には限りがあります。そのわりには、MCが長いんですよね。概ね、あ〜ちゃんが暴走して長くなる感じですが、オーディエンスとしてはそこが見どころです。そして、かなりオーディエンスを隅々まで3人が見渡します。オーディエンスのファッションや子連れの方、外国人の高校生などに「その靴どこで買ったん?」「え?そこで買ったの?w」「こんなおしゃれな靴がそこで買えるの!!?」や、「え?隣の方は、お母さんですか?」「家族3人でPTA入ってらっしゃるんですか!!?」や、「何歳ですか!?え?16才!!?わかーい!」「隣にいるのは友達?」「3人で来てくれたの?」「ありがとうございまーす!うれしいですねー!」など話してました。それにしてもPerfumeコミュ力半端ないです。子連れの方とか、ちょっと遠いスタンド席だったのにすさまじいです。

静岡公演ではこんなかんじのMCでした。どこか内容的に順不同だと思います。

お決まりの3人の「3人あわせてPerfumeです」の挨拶があり、

かしゆか「今日の静岡公演、前の公演から3週間空いてるんですけどこの衣装着れるかなって心配だったんですよ。太ってないかなとか」

のっち「“今日のこのライブ”というのは、1人でも欠けてたら成立しないんですよ。誰か1人でも来れなくなったりしたら“今日のこのライブ”は成立していないんです。これってすごいことじゃないですか!?」

オーディエンスのひとり「のっちイイ事言うなぁああ↑↑」(言うね〜の方の意味)

あ〜ちゃん「そういえば、事件があって」
かしゆか&のっち「え、何なに〜?」
あ〜ちゃん「あ、やっぱり、この話時間かかりそうじゃけ、次のMCにまわすわw」
かしゆか「え〜すごい気になる〜」
のっち「うんうん」


かしゆか「静岡、初めてツアーで来たので、少し緊張しています」
あ〜ちゃん「ちゃんと盛り上がってくれるかな〜とかね」
あ〜ちゃん「静岡って、あんなにぽーんって茶畑があるんですね。すごいちょこんって、数列ぐらいのが!」
オーディエンス「うん、うん(関東勢が多いからか曖昧なかんじで)」
あ〜ちゃん「タクシーでここまで来るときに、それがあって!驚きました!私のイメージだと、一面にバーッて広がってる感じなんですよ! じゃない?」

のっち「うんうん、そんなかんじ」


あ〜ちゃん「あんなに身近にあるんですねー!私も広島で、小学校のころ家の庭にさくらんぼの木を育てて、カラスが来ちゃうんですよね。それで、袋にかぶせてたりしたんですけど、カラスに食べられちゃってダメでしたね」

かしゆか「さくらの木?さくらんぼの木?」

あ〜ちゃん「うん、一木があって。いちきってわかりますか?(1本の木が生えているのを表すような腕をスッと上下に動かすジェスチャー)」
のっち「One Tree?」
あ〜ちゃん「そうそう。そのOne Treeを育ててたんです。」


あ〜ちゃん「そのコチャバタケを見て、静岡に来たと実感しました!静岡のことが好きになって来ました!故郷の広島も大好きだから、皆さんにも広島を好きになってもらいたいけど、家の側に宮島の厳島神社を置くわけにもいかないじゃないですか。その替り、広島にはヤクザさんとかが居て。あの人達すごく優しいんよ!たまに熱くなりすぎちゃうときがあるけど基本すごく優しい人達なんです」




あ〜ちゃん「今朝の事件の話をすると、今日、東京から新幹線で朝8時の新幹線に乗ろうとしてて、すごく早く起きたんですよ。そして身支度して、すごく早めに駅の新幹線ホーム着いたんですよ。40分ぐらい早く。そしたら、反対側のホームにいて、こだまに乗れなかったんです。いつも、のぞみに乗ってて勘違いしてて。マネージャーさんからそのとき電話あったんですけど、

マネージャー『今どちらですか?』
あーちゃん『え?今ですか?東京駅いますよ?はい、新幹線ホームにいます。』
マネージャー『じゃあ、もう来たこの新幹線乗ってますよね?』
あーちゃん『え?まだ来てないですけd・・・っあーーッ!!(隣のホームにいるーーー!)』

(ここまであ〜ちゃんの一人芝居)」

かしゆか「私、そのときマネージャーさんといて、マネージャーさんとあ〜ちゃんまだ来てないですよねーって話してて、のっちなら他の車両から乗って来て、『おはようございま〜す』って他の車両から車内で登場してくることはあるよねーw」

のっち「そうそう、カラカラカラ〜(スーツケースの音)スッ(座席に座る音)ってねw(ジェスチャー付)」

あ〜ちゃん「一番早く、ホームに着いた私が、乗り遅れるなんて!結局、次の30分後ぐらいのでちゃんと乗れて、1駅、1駅しっかり掛川じゃないか確認してたんですよ。『よし、違う』『よし、ここも違う』『よし、ここも違う』ってね。そしたら、静岡駅の次あたりで西野カナさんの『桜ひらひら〜♪』(というフレーズの曲)が聴きたくなって、どうしても聴きたくなって!」

かしゆか&のっち「あ〜(悪い予感を察するように)」

あ〜ちゃん「そしたら、寝ちゃってて、車掌さんにここどこですか!!!って聞いたんですよ。もう、こうですよ(車掌さんに迫り聞くジェスチャー)!そしたら『小田原です(正確には、浜松であ〜ちゃんの言い間違い。後述。)』って。
えええ!掛川過ぎましたか!!!!?って聞いたら『はい』って言われて、すぐ降りるじゃないですか。そして、私と同じような人が(浜松駅の)ホームにいて、その人が駅掌さんにどうすればいいか聞いてて、反対側のホームに行けばいいらしく、よし!それだ!!と(笑) そして、今度は無事に掛川駅に着いて、タクシーで来ました。着いたら、スタッフさんが『長旅、ご苦労さまです』って言われて、『ほんとにすいませんでした!!』って謝りました。」


かしゆか「(オーディエンスの反応から)あ〜、小田原じゃなくて浜松?道理でお客さんしっくり来てない感じだったんですね」

あ〜ちゃん「あと、私達MTV VMAJ 2012の司会に決まりましたー!」
のっち「私達誰も英語話せないのにねーw」
あ〜ちゃん「のっちとかMJでボロボロだからねーw あーでもアレはみなさん知らないのかなw」
のっち「編集というものがありますからねー!wまあ、それがスタッフさんを和ませているんですけどw」

新曲に関しては、中田ヤスタカが「ほんまに天才」だと言ってました。ダンスもいいようです。
実際に、氷結のCMが3種類ぐらいライブ前に広告として垂れ流されてましたが、確かにいいですね「Spring of Life」。4月11日発売予定ですか。

Spring of Life

Spring of Life

  • Perfume
  • エレクトロニック
  • ¥250


結局、「MY COLOR」は本編のラストでした。

「手を上に挙げてください」と言われ、挙げた瞬間に「MY COLOR」の『手のひらが世界中 つながるウィンドウ〜』のイントロがドーン!と爆音で流れてきて凄まじい一体感に襲われ感動でした。そういえば、まだ「MY COLOR」歌ってないなーと思ってたらここで来ましたか。この神曲をセットリストに含まない理由は何もありません。あとは、前の東京ドーム公演で、すでに歌われてるせいか、今回はセットリストに入ってませんが、JPN Tourとしては「ナチュラルに恋して」を入れてもよかったんじゃないかと思います。でも、ここまでクオリティーの高いライブに仕上がったので全然問題ないです。そろそろイイ曲がたまってきたので、メドレーを取り入れるようになりましたか。

ラストの「心のスポーツ」はフリを3人から教えてもらいました。脳みそが劣化しつつある僕にはもうPerfumeのフリが難しいです。フリコピしてる人まじすごいなーと感心します。とにかく、いいライブでした。過去のライブはDVDでしか発売されてないので、本ツアーからブルーレイディスクでの発売を切望致します。

ではでは。

JPN(初回限定盤)(DVD付)

JPN(初回限定盤)(DVD付)

Perfume 3rd Tour「JPN」(通常盤) [DVD]

Perfume 3rd Tour「JPN」(通常盤) [DVD]

Perfume 3rd Tour 「JPN」 [Blu-ray]

Perfume 3rd Tour 「JPN」 [Blu-ray]