読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゃけぶろ

やせいのポケモントレーナー。タイ・台湾・沖縄あたりを外こもり。国内外ライブレポ。チラ裏的ログ。

REOL@Zepp Tokyo ライブレポ テンカイノコウシキ

音楽

ご存知だろうか、REOL。

まだメジャーデビューしてあまり時間が経っていないので、知らない人は多いかもしれない。

特に、30歳以上だともう知名度皆無だろう。

ニコ動の歌ってみたから人気になったアーティストで、ファンは主に20歳前後だ。

 

メジャーデビュー後、初のワンマンライブということで、チケットはSOLD OUTをしていなかった。ネットでかるく見る限りチケット番号1200番までは最低でもさばけていた模様。実際、会場行ってみたら、8割〜9割は埋まってた印象。

 

私が、REOLを知ったのは、てきとーにYoutubeをさまよってたときだ。

とりあえず、これを発見してすごいなと思った。

www.youtube.com

 

ギミアブレスタッナウ!

 

では、ライブについて書いていく。

2017.2.26のことじゃった。

アルバム「Σ」が非常に出来がよく、ライブ行くことを決意。

アルバムがよければ、ライブも良い法則だ。

しかし、軽くこれは想定外となる。

 

ゆりかもめで、お台場海浜公園駅で降りる。最寄りは青海駅だが、ゆりかもめは迂回しすぎで運賃が高いので、お台場海浜公園駅から徒歩で行くと良い。Zepp tokyoまで徒歩7分ぐらいだろうか。

 

開演30分前ぐらいに着いた。私の番号は400番台で、すでに700番台の人まで入場済みだった。

 

ドリンク代を払い、カルピスウォーターをゲットして、場内へ。

前から10列目ぐらいのしもてでまったり待っていた。

 

開演、10分ぐらい前に、コンポーザーのギガから注意事項の場内アナウンス。

噛み噛みで、それが笑いを誘っていた。

その五分後には、ムービークリエイターのお菊が、また噛み噛みで、ギガと同じ内容を場内アナウンス。

この二人のおつむは大丈夫なのか?w

携帯電話の電源を切るようにとかなり強めに言っていた。

 

そして、開演。

5曲目ぐらいまで、れをる1人だけがステージで歌い続ける。他の2人も早く観たいのに、少しさびしい。淡々と5曲目ぐらいまできてしまう印象。

薄い垂れ幕が、ステージに天井からかかっていて、それにさまざまなムービーが投影される。MV基調のものが多かった。その垂れ幕に透けて、ステージ上のれをるが歌っているのが見える。

最近こういう演出するアーティストが増えてきた。

TK from 凛として時雨でもあった。

ギミアブレスタッナウまで衣裳変わらず白のショーパンスタイル。

 

ギミアブレスタッナウでは、MVの衣裳で良かった。

その着替えまでは、ギガとお菊が登場して、CD音源を垂れ流して、場をつなぐという感じ。

もう少しここで、マイク使って煽って盛り上げても良かっただろう。ふたりはここで無言だった。

DJするわけでもなく、ギガがシンセひくわけでもなく、なんだかぱっとしなかった。

本人が会場にいるのに、CD音源を聴く意味がちょっと切なかった。

 もう少しここは改善の余地があるだろう。

 

ステージは、軽く花道が中央にあった。10列目ぐらいまであった。

アンコールで、宵々古今やったが、これが一番盛り上がったかな。

客が「ソレソレソレソレ!」というのが一体感がでて良い。

お菊は、和風の傘をさして、雰囲気でてた。

 

全体的に、もうちょっとれをるは覇気を出して歌ったほうが良い。

あと表現力も足りない。

まだ、駆け出しのアーティストだしライブはこれから磨かれていくだろうが、歌がいいので、生暖かく応援していきたい。

 

あ、あと未発表の新曲歌った。

ぼちぼち良かったぐらいのクオリティー。

https://www.instagram.com/p/BQ-Kj9qgCm70gt5Xj3koAL4WASVB7qD51BW14Q0/

わーい!音楽好きなフレンズだよ!

とりあえず、アルバムΣはいいぞ。w

 

Σ(通常盤)

Σ(通常盤)