読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゃけぶろ

やせいのポケモントレーナー。タイ・台湾・沖縄あたりを外こもり。国内外ライブレポ。チラ裏的ログ。

なぜ、アジアを彷徨うのか。なぜ、フィリピンに住んでいるのか。

フィリピン 外こもり 雑記

謎ですね。



そのうち書こうという内容をBlogのネタ帳なるものをつくっているのですが
それと頂いた質問の内容がかぶってたのがあったので今日、書いてみます。


タイトルの件、簡単に言うと


【なぜアジアか】
・日本から近い。
・時差が少ない(時差ボケで苦しむ必要がない)。
・物価が安い(東南アジアは特に安い)。
・経済が著しく成長している。

【なぜフィリピンか】
・日本からのアーリーリタイア組がいてそれなりに道筋がある。
(日本の食材、調味料、日本料理店などの店舗がある、日本人向けの病院があるという意味)
・フィリピン人の英語力が他のアジアの国よりも比較して高い。
・日本とフィリピンを結ぶLCC(格安航空会社)が存在する。
・寒くない。

と、こんな具合です。



一応、ひとつずつ説明します。

【なぜアジアか】
・日本から近い。
日本から近いと、飛行機の移動で日本から遠い国に行く場合と比べて疲れなくて済みます。
日本で何かあるときに、対応がしやすく、逆に、海外にいるときに何かあったら対応しやすいです。

・時差が少ない(時差ボケで苦しむ必要がない)。
よくアメリカなどで日本と行き来している人が時差ボケで苦しんでいるのを見て切なくなります。シリコンバレーで働いてる人が一旦帰国とか、大学の先生が1週間出張とか。数日苦しんでらっしゃる。僕自身からだは強い方ではないので時差ボケは極力避けたいです。毎日充分に寝たいし、生活リズムはわりと大切。(ニートが何を言う)

・物価が安い(東南アジアは特に安い)。
というか、日本が高いです。ゆるく、お金を細く使って生きるのに最適なのが物価の安い国。日本で稼いで、物価の安い国で消費ということも可能。FXなどしてそれなりに資金があれば、スワップポイントだけで物価の安い国で生活も不可能ではない。アフィリエイトもご自由に。あとは、相方がこちらで働いてるけど、こちらで働いても日本人の場合、ダブルスタンダードで現地人よりも給料は多く設定される。日本のワープアぐらい。ジャカルタでもそのようです。
もりぞおアジア海外就職紀行 生活をする都市としてのジャカルタ その1 セレブが生活するプラザには住居も会社も日本食も全てがそろっている


・経済が著しく成長している。
韓国は終わってると思いますが、他のアジア諸国は全体的にわりとアゲアゲ。
中国、インドだけ考えても人多すぎです。
人が多いという理由だけでアジアを選択する意味があります。
何気にインドネシアも4億人、フィリピンは1億人です。
あとは税率低い、シンガポール、香港があるのでアジアはいろいろ面白い仕組みの国が集まっています。


【なぜフィリピンか】
・日本からのアーリーリタイア組がいてそれなりに道筋がある。
(日本の食材、調味料、日本料理店などの店舗がある、日本人向けの病院があるという意味)
めんつゆとかキューピーマヨネーズとかもあります。ポテチや充実野菜もあります。病院も病状を英語で話せるのなら全然どこでもいいんですけど。ネット繋がってればスマートフォンでどうにでもなる時代だからこれはそこまで重要ではないかも。マニラは病院たくさんあります。環境、医療費はぴんきりらしいです。まだ行ってないのでそのうち詳しく書きます。


・フィリピン人の英語力が他のアジアの国よりも比較して高い。
たくさんの英語の語学学校があるのがその証になるのでは。先生はフィリピン人。オンラインでもいくつかサイトありますね。実際に、こちらの人はTVで見てるのは英語の番組だし、本屋で幼児・小学生低学年がみるような本でも日本の高校生が習うような英単語つらつら書いてあって、目玉とびでました。


・日本とフィリピンを結ぶLCC(格安航空会社)が存在する。
セブパシフィック神。
これからもっと増えればいいですね。いろいろ増えつつあるし海外の垣根低くなってくるのは間違いないです。近年の円高も、日本→海外の流れの背中を押します。


・寒くない。
寒いのが苦手なのです。
北海道はとても住めそうになです。
ヨーロッパもきつそうです。
日本寒いです。
最近、沖縄にそのうち冬だけ住もうかなということも企んでいます。
寒いのは我慢できません。暑いのは我慢できます。
凍死はちょいちょい聞きますが、熱死(?)はエジプトとかインドぐらいしか聞きません。日本の熱中症はエアコン使いすぎなせいでしょう。
汗腺それなりにしとけばなりません。
日本は夏暑いし、冬寒いし大変です。
フィリピンは1年中夏というか20度後半〜30度ぐらいです。
屋内なら、快適です。エアコンも家にありますが必要ない程度です。
扇風機はちょいちょいつけてます。


【彷徨う理由】
アジアを選んだ理由は上記になりますが、彷徨う必要があるのかということです。
日本でもかなり彷徨ってたという過去があります。
北陸・沖縄以外はだいたい行ったことあります。
東京-博多の間にある都市なら何度も行ったことあるところが多いです。
それらの都市の地理もだいたい把握してます。
JRの青春18きっぷが好きだったので、大学時代の長期休暇に愛用してました。
新幹線もEX-IC使う程度に愛用してました。
電車が好きなだけです。
それでもう日本はだいたい行ったし、次は海外かなーっていう感じです。
まだ日本で行きたいところもありますよ、もちろん。


【移住した理由】

静岡が実家なのですが、浜岡原発が危険すぎて海外に拠点をつくる必要を感じたから。
被曝作物の産地偽装が行われているから。
もう一発、どこか東海などで大震災が起きたらもう日本は立ち直るのに多大なるエネルギー、お金を要するから。
日本の大増税時代が見えるから。
日本の労働環境が劣悪すぎるから。
日本の衰退、人口減少がデータで示されているから。
年金制度が崩壊しているから。
政府と東電が腐っているから。
円高だから。
国を変えるのは難しいが個人が変わるのは簡単だから。


とにかく、リスクヘッジ
もちろん、海外の政府も腐ってる国が多いというか99%ぐらいの国の政府は腐ってると思うのですが、そこを如何にして渡り歩いていくかというのが重要かなと感じています。
それで、世界中に様々な拠点を持って活動できたらいいし面白いよねっていうことです。可能ならば、世界中にシェアハウスをつくって、それらを自由に流動的に行き来できるようになれば理想です。世界中と言っても、日本人が住みやすそうなところから攻めていきたいですね。別に住まなくても、旅行でいいところもたくさんありますし。
活動資金などはどうにでもなると思ってます。
たとえば、一旦日本に帰国して数か月バイトするとか。
海外で治験のバイトをするとか。海外の外資系で働くとか。
SOHOでもいいですし。
FXでもいいですけど不安定なのであまり力点は置きたくないかな。
中期的に労働して、中期的にニートになるとか。
何かほかにありますか。

日本では、何やってんだよって感じですけど海外だとざらにそういうライフスタイルの人いますし。失業率高いし。


あとは、相方がスペイン語圏担当で、僕が中国語圏担当という感じです。
英語圏は、どっちでも好きなところ行こうかってな具合に。
僕はアジアメインで動きたくて、相方はベースの考えは僕とだいたい同じで、
ヨーロッパと南米メインで動く予定。
あと、フィリピン選択した理由のひとつに相方が今年春にフィリピン留学していたというのもあります。

同志の方は、お気軽に連絡を。


中国には、1か月ほどいる予定です。明日から突撃してきます。
おもに、広東省です。香港、深セン、あとは暇なら広州も行くかもしれません。
すでに、アジトは深センに3箇所ほど調達してあります。
からだに気をつけて行ってきます。


ではでは。

フィリピンのことがマンガで3時間でわかる本 (Asuka business & language book)

フィリピンのことがマンガで3時間でわかる本 (Asuka business & language book)

D27 地球の歩き方 フィリピン 2015~2016

D27 地球の歩き方 フィリピン 2015~2016